交通アクセス

採用情報

医療法人社団 和敬会 さんだリハビリテーション病院 【兵庫県三田市富士ヶ丘】

お電話でのお問い合わせはこちら

看護部 部門紹介

1F病棟 障害者施設等一般病棟

患者様に寄り添いサポートします。
患者様と御家族が、病気と上手く付き合いながら
生活ができるように、他職種間で連携し
サポートしています。

1F病棟 障害者施設等一般病棟

1F病棟では脊髄損傷・神経難病などから、体位保持困難・誤嚥性肺炎のリスク・排泄障害などの
患者様が入院されています。
病棟では医療者カンファレンスを開き、それぞれの問題点の解決に向けて話し合いをしています。
複雑なセルフケアへの支援や意思決定などにも、他職種と協働して取り組んでいます。
患者様がすこしでも健やかに、気持ちよく過ごせるよう、お一人お一人の気持ちに寄り添うように
看護しています。

対象疾患 重度の意識障害、脊髄損傷などの重度肢体 不自由の方。
神経難病など。
病床数 9床

1日の流れ

5:00

モーニングケア・検温

6:00

注入食

注入食

7:30

朝食

9:00

検温・入浴(週2回)

12:00

昼食・注入食

13:30

入浴(週2回)・散歩など・検温・環境整備

17:00

検温

18:00

夕食・注入食

21:00

消灯

取り組みについて
入院生活中に患者様と一緒に、日本の四季の移り変わりを楽しめるよう、スタッフ一同毎回試行を
凝らし、患者様に楽しんでもらえるレクリエーションを企画し行っています。
天気のいい日には、呼吸器装着のままでも病棟外に!寝たまま安定した座位がとれるFeezシリーズベッドでお散歩も可能です。

フラダンス

クリスマス

2F病棟 回復期病棟

患者様の病気や障害だけでなく生活を通して未来の生活を描けるような関わりを目指しています。365日あるリハビリスタッフによるリハビリと病棟で看護師や介護士と一緒に生活動作の練習を積み重ねていくことで障害の受容と患者様自身が在宅生活や社会生活を思い浮かべることが出来るように日々頑張っています!

回復期リハビリ病棟ケア10項目
  • 1.食事は食堂やデイルームに誘導し経口摂取への取り組みを推進しよう。
  • 2.洗面は洗面所で朝夕、口腔ケアは毎食後実施しよう。
  • 3.排泄はトイレに誘導し、おむつは極力使用しないようにしよう。
  • 4.入浴は週2回以上、必ず浴槽に入れるようにしよう。
  • 5.日中は普段着で過ごし、更衣は朝夕実施しよう。
  • 6.二次的合併症を予防し、安全対策を徹底し、可能な限り抑制はやめよう。
  • 7.他職種と情報の共有化を推進しよう。
  • 8.リハ技術を習得し看護ケアに生かそう。
  • 9.家族へのケアと介護指導を徹底しよう
  • 10.家族計画を頻回に見直しリハ計画を反映しよう。
浴槽の種類

障害に合わせて適切な浴槽に肩までつかってリラックスして頂けます。

特殊浴
特殊浴

チェアーバス
チェアーバス

一般浴
一般浴

取り組み

患者様と一緒にゲーム等のレクリエーションをしながら覚醒を促したり、生活リズムを整える事や、リハビリの合間の息抜きにもなっています。

毎週水曜はティータイム

週一回ティータイム(コーヒー・紅茶)を楽しんでいます。
また、リハビリの一環として可能な方は自分でいれてもらったりカップを洗って頂く事もあります。

定期カンファレンス開催!

毎日患者様のカンファを行っています。
方向性・問題点・ゴール等を話し合い、早期より介入できるように取り組んでいます。

カンファレンス

  • 採用情報
  • 院外広報誌